不妊の原因や治療

不妊治療のことでお悩みならこちらのサイトで評判の病院を紹介しています。不妊に関する情報も詳しく掲載されています。

妊娠しづらい原因

医者

結婚して子供を産む将来を当たり前のように想像していたけれども、実際に結婚して子作りしているがなかなか妊娠しないという夫婦もいるでしょう。妊娠自体、奇跡のようなものです。排卵日に受精しなければ妊娠する可能性はありません。受精したとしてもその中で着床まで至るケースは20%前後に低下すると言われています。そして着床しても出産までに流産してしまう可能性もありますから、無事出産に至るには様々な困難を潜り抜けなればならないのです。女性は特に年齢と共に卵子が老化してしまいますから、更に妊娠しづらくなると言われています。現在晩婚化が進んできたので、不妊治療も30代から40代にかけて受ける方が多いとされています。

不妊治療の効果

不妊の原因が分かっていれば、その人に適した治療で妊娠することも可能です。しかし不妊治療を行ったからといって絶対妊娠することが出来るという保証はありません。不妊治療は病気の治療ではありませんから、保険が効かないケースがほとんどです。従って、妊娠するまでに膨大な治療費が掛かってしまうケースもありますので、計画的に治療を行う必要があります。子供が欲しいと考えている女性は出来れば35歳までには出産をしておいたほうがよいかもしれません。高齢出産の年齢は近年引き上げられましたが、女性は平均的に35歳を過ぎると一気に卵子が劣化すると言われています。不妊の原因が分からないこともありますし、不妊治療を行うまえに一度カウンセリングなどをしても損はありません。